賞味期限

溶けるチーズと溶けないチーズの違い

チーズは大きく分類をして、溶けるものと溶けないものの2つの種類に分けることができます。
スライスチーズの場合、見た目はほとんど同じなので、商品パッケージに「とろける」と書かれているかどうかで判断をして商品を選んでいる人も多いのではないでしょうか?
では、溶けるものと溶けないものの違いは、そもそも何なのか…。その違いを少し説明したいと思います。

簡単に説明をすると、溶けるものは「ナチュラルチーズ」というもので、溶けないものは「プロセス」というものになります。名前くらいは聞いたことがありますよね?
ナチュラルチーズとは、生乳と塩のみで作られた純粋なもののことを言います。
もともとは溶けることが当たり前で、解けないプロセスは存在をしていませんでした。

しかし、ナチュラルチーズは、成熟期間によって味が変化をするため、同じ状態で長期保存をすることが難しいという欠点がありました。そのため、この欠点を解消するために、100年ほど前に開発をされたのがプロセスなのです。
ナチュラルチーズは、脂肪、たんぱく質、水分などの粒子が単純に並んでできているため、加熱をすることによって、簡単に分解をされる仕組みになっています。
一方、プロセスはナチュラルチーズを加熱して溶かしてから、乳化剤を加えて固めているので、粒子がとても細かく、ぎっしりと詰まった構造になっているため、加熱をしても溶けることはありません。

そのため、シチューに、ナチュラルチーズの代わりにプロセスを入れてしまうと、ダマになって固まった状態になってしまうのです。
ナチュラルとプロセスの違いは、商品パッケージに表示をされている原材料を確認してみると簡単に見分けることができます。ナチュラルチーズには「生乳と塩」と記載がされていますが、プロセスの場合は、「ナチュラルチーズと乳化剤」と記載がされています。
店頭で、溶けるものなのか溶けないものなのかが分からない商品を見つけた場合には、まずは、原材料を確認してみると良いでしょう。


Copyright(C) 2013 乳製品で栄養素が高い物 All Rights Reserved.